« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012.01.22

再入院して退院

お久しぶりです。
こずママ退院した翌日に、こずママの両親が迎えに来て
その日も水を飲んだら吐いてしまう状況だったので、途中の病院に寄って検査したら
稀に死ぬこともあるので・・・と先生に言われて、そのまま5日に入院しました。
きなこはこずママの実家で預かってもらいました。
13日に退院して、こずママ実家で20日までのんびり過ごし
(こずママ実家では1日1~2回吐く程度でした。)
久々のお家に帰ってきました。
・・・が、しかし
また夜から吐き続け、翌朝水も吐いてしまったので病院へ行って検査したら
また入院しますか?と言われたそうです(涙)
暫く点滴に通い、ダメならまた入院するかもしれません。

お洋服お待ちのお客様、本当にご迷惑をお掛けして申し訳ございません。
もう暫くお待ち下さいませ。

☆コメント欄お休み中です☆

| | トラックバック (0)

2012.01.04

入院して退院

ご心配をお掛けして申し訳ございません。

こずママのその後ですが、ずーっと吐き続けて、
とうとう水までリビングに「ゲホッ」っと戻してしまい
さすがにやばい・・・ということで
何とかタクシーに乗って病院まで行き
先生に「極度の飢餓状態ですね。。。」と言われ入院を勧められ
とりあえず、点滴をして帰ってきました。
いーパパに電話をしても、電話に出ないし
(いーパパは12月忙しくて休日出勤したり、帰ってこない日があったり
1~2時間寝て会社に行く日が続いていたので、こずママがツライ(涙)と訴えても
いーパパも意識モウロウとしているので・・・)

こずママのお母さんに相談したら、すぐに入院しなさい!と言われ
こずママはその日の夜(27日)、入院することになりました。
きなこはこずママの実家で、いーパパが迎えに来るまで数日お世話になりました。

きなこは入院前、こずママに呼ばれ、
「きなこ ごめんね こずママ 入院するから お父さん お母さん 一緒に 待っててね」
と涙目で言われたので、
床に落ちた涙を舐めて、真っ直ぐこずママの目を見て
こずママの唇をペロッとして「わかった」と了解しました。
きなこは誰よりも、こずママがツライ状況を知っているので
お父さんとお母さんが迎えに来た時も嫌がらず喜んでキャリーに入り
実家でも良いコで過ごし、きなこは何でもわかっているねーと褒められました。

そして、本日こずママ退院してお家に戻ってきましたnote
退院しても良くなった訳では無いので
暫くこずママの実家でお世話になるそうです。

☆コメント欄お休み中です☆

| | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »